【保育園】2度目の生活発表会

スポンサードリンク

昨年の生活発表会

昨年の生活発表会では1歳7ヶ月でまったく何か分からず、リンの膝の上で泣くことすらしなかった娘。

年齢的なものもあったが、生活発表会近くに保育園に入園しているし、練習した日数も少なかったようで、なおさらであった。

リンも準備が整っていなかった。

保育園の生活発表会というものが、幼稚園の発表会とどう違うのかすら分からなかったし、そもそも、自分自身が園児だった頃の幼稚園の発表会について、まったく記憶が無いくらいであった。

2度目の生活発表会

発表会当日の朝

昨晩お風呂でギャーギャー泣いたにもかかわらず、出てから2時間大暴れのはねっかえり娘。

例に漏れず、夜更かしとなった。

就寝は22時半。

朝起きて、ビデオカメラのバッテリーの充電が完了していることを確認して、荷物の最終準備をおこなう。

そして、リンの身支度。この時点で完了しておかないと、朝食は食べられない。

歯磨き、髭剃り、着替えが済んだところで、娘が起きた。

「今日は発表会だよー」

「うん」

おお、分かっているのか?

ただし、この言葉を額面どおり受け取るのは早計というもの。

得てして空返事の可能性がある。

結果はやはり空返事だったようで、娘はまったく身支度をする気が無い。

リンは結局朝食抜きで、娘を車に乗せたのだった。

発表会会場

昨年と同じ会場だったので、道に迷うこと無く到着。

娘は家にいた時の様子が嘘のようにおとなしい。

出たよ、内弁慶

借りてきた猫のようにリンの膝の上にちょこんと座っている。

家でいつも歌っている歌も、大勢の人の前に出ると恥ずかしいのか、それとも怖いのか歌えなくなってしまうらしい。

娘の年齢くらいの子どもは我慢が聞かないので、プログラムの初めのほうに出番が回ってくる。

去年は膝の上で手足をなすがままにされていたが、今年はリンが一緒なのは舞台袖まで。

袖まで来て、去年より同年齢の子がすごく増えていることに驚く。

0歳~1歳クラス(0歳~2歳児)の子がこれだけ多いと、保育士さんも普段大変だろう。

国の定めている保育士の配置基準は、以下の通り。

  • 0歳児がおおむね3人につき、保育士1人
  • 1~2歳児がおおむね6人につき、保育士1人
  • 3歳児がおおむね20人につき、保育士1人
  • 4、5歳児がおおむね30人につき、保育士1人

2歳と3歳の間に大きな差があるのが見て取れる。

基準を満たせず、家庭保育室の補助金が打ち切られたのもうなづける。

大丈夫かなと、娘を保育士さんへ託してビデオカメラを構えた。

カオスな幕開け

幕が開き、娘たちが姿を見せる。

その光景はまさにカオス(笑)

大泣きしている子どもあり、ハイハイしている子あり、ぼーっとしている子あり。

やはりこれくらいの年齢の子供は統制が取れないものなのだ。

しかし、それがすごく可愛い。

会場も微笑ましい空気に包まれている。

娘はといえば、抱っこされて大泣き。

舞台の上でしきりときょろきょろして、リンを探している様子。

去年は一緒に舞台に上がったので、映像に残せなかったが、今年はバッチリ映像に残させてもらった。

演目が終わり、舞台前までデジカメを持って行くと、リンを発見してかけてくる娘。

すかさず抱っこして見学席まで戻る。

よく頑張った。成長したな、娘よ。

年齢が娘より上のクラスの演目を見て感じたこと

娘のクラス以外も見て感じたことをまとめてみた。

主観であり、娘の保育園の子供たちなので、参考程度に見ていただきたい。

2歳クラス(4月1日までに3歳になる子ども)

娘たちのクラス(1歳クラス)より、だいぶ音楽に合わせて動けるが、まだ幼稚園に入れない年齢のため、踊りというまではいかない。

けれど、カオスな感じはなりを潜め、落ち着いた感じ。

娘も来年はこれくらいにはなっているだろうか。

成長の差が激しく、すごく動けている子もいれば、終始泣きっぱなしの子もいる。

3歳クラス(年少さん)

発表会のハイテンションにより、保育士さんの言うことをあまり聞かない子が半分くらい。

それでも泣く子はほとんどいない。

踊りも様になっていて、安心して見ていられる。

4歳クラス(年中さん)

男の子は総じてすごくやんちゃ。女の子は元気な子と静かな子がいて面白い。

複雑な動きもできるようになり、下のクラスの子供たちとは明らかに違う。

5歳クラス(年長さん)

もう、目つきがお兄さん、お姉さんになってきている。

まだまだ就学前で幼児だが、長いセリフもはきはき言えてさすがといったところ。

発表会の後

午前中で発表会は終わり、去年と同じお店で去年と同じメニューを注文

目の前の娘は、去年このメニューを一人で食べられなかった。

それが、今は自分の手を使い口に運んでいる。

ストローを使わずに飲み物を飲めるようになった。

食べる速度も速くなった。

日々、成長をみせてくれて親としてとてもうれしい。

本当にいつもの連続はいつもじゃないんだなって改めて思う。

こんばんは。シンパパのリンです。 今年もまた1つ歳をとった。 いつもと同じように娘を保育園に連れていき、 いつもと同じように仕事を...

季節が廻った。

唯一の懸念は、去年の発表会の後、ほどなく娘がインフルエンザにかかったこと。

今のところ、体調は良さそう。

嫌なことは廻ってこなくていい。

今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。