子育てにおける実家との距離感を考える

リンは父娘2人世帯であることは、シングルファザーになって最初に感じたことで書いた。

父子家庭は圧倒的に少ない こんばんは。ひねくれパパのリンです。 徐々に増えてきていると言われていますが、まだまだ父子家庭は母子家庭と...

リンの実家は車で40分くらいの距離にある。

ちなみに義実家は、元妻が義両親と絶縁状態であったため交流はない。

スポンサードリンク

子育て方法の考え方の相違

離婚直後に実家へ引越し、リンの親と同居する選択肢があった
しかし、子育てや考え方の相違があったため同居はしないことに決めた。

例えば、

・食事のとらせ方
・病気のときの看病の仕方
・寝かせ方
・重ね着の枚数など服装

などについて相違があったのだ。

これは、昔の常識と今の常識に起因するものもあれば、個人的な考え方の相違も含まれる。

どちらが正しいということは別だ。

だって考え方の相違は父子家庭に限らず、必ずあるものだと思っているから。

子どもがあまりご飯を食べなかったとき

・リン親の場合、食べてくれるものがでてくるまで、次から次へと料理を出す。

おなかになにかしらは入れようとするから、食事にかかる時間はばらばらで1時間を超えるときがある。結局ほとんど食べずに、ほとんどが生ごみ行きとなる。

・リンの場合は食事時間は基本15分、どんなに長くても30分まで。それまでに食べなかった場合は、まったく食べなくてもそこで終了とする。

後々おなかがすいて食べたそうであれば、時間によって食べさせる。

リンは食事にかかる時間がばらばらになることで、その後のお風呂、歯磨きが遅れ、寝る時間がばらばらになるのを嫌う

夜の寝かせ方

リン親の場合は、必ず添い寝したほうが良いと考えている。

リンの場合は、娘の部屋で娘1人で寝かせている。(リン自身も寝室で1人で寝る)

ただし、夜中起きてしまったときでどうしても泣き止まない時はリンの寝室で添い寝。

夜1人で寝かせていますが、それは娘が起きている時でリンが家事をしていないときは、
娘にずっと触れ合って遊んでいるため、それで充分だと思っているから(離婚前からこのスタイル)。

娘が寝た後の1~2時間は自分の時間として確保。

接客業をやっていたこともあり、自分が充実していなければ、自分以外にやさしく出来るわけがないといったポリシーがあるから。親子でも同じ。

脇道にそれますが、日本のサービス業が伸びないのは、長時間労働低賃金で従業員の幸福度が低いからだと考えている。

閑話休題。

2017年6月追記

娘が1人で寝る問題は、その後ベビーベッド陥落により2017年6月現在は添い寝へと変わっている。

祖父母はやっぱり孫に甘い

子育てに対し、親とリンとの間に考え方の隔たりがあり必ず衝突すると考えたから、実家との距離を適度においておくことに決めたのだ。

同居すれば、リンの身体的負担は軽減されるのは間違いない。

でもそれは必ずしも娘にとって良いこととは限らないと考える

どうしても祖父母は孫に対して甘い傾向にあるのが一般的だろう。

例にもれず、リンの親も孫には甘い。

ですから、そのぬるま湯に毎日浸からせたくないのだ。

ただ、ひとり親の子はかわいそうだと思っているのが、言葉の端々から漏れているのは気に食わない。

土地の距離感

もう一つの同居をしない決定をした重大な要素として、実家がある土地の問題があった。

これは個人的なものですが、リンは自分が生まれ育った土地が好きではない。

結婚する前から、結婚するときは別のところに住むと家族に明言していたほど。

地域性、人口、選択肢の数、多様性などなどリンが育ったコミュニティは、子育てをおこないたい場所ではなかった。

今まで一人暮らしでいろんな場所に住んだり、いろんな出身地の友達と関わったとき、子ども時代の話は必ず話題になった。

そしてその内容は、私の生まれたところの特殊性を証明しただけだった

もちろんこれも、個人的なものですのですべての人に当てはまるものではないだろう。

閉鎖的で選択肢のないところが好きな人だっているかもしれない。

結局個人個人で選んでいくしかない

情報があふれている現在では、何が正しいかはわからない。

子育てについての常識も育児書や医者の常識が時代によっていろいろ変わってきている。

何を重視して、どうしていくかは結局個人個人が決めて選んでいくものだと思う。

だから何を重視し、どの情報を使って育児・子育てをしていくかをいろんな情報の中から、最終的には自分で決めていくしかない

2歳の娘が起きている時間は1日のうちで12時間~14時間くらい。

保育園に預けている時間は9時間だから、それを差し引くと平日に娘にかまってあげられる時間はで3時間~5時間だ。

その中での1時間は本当に貴重

休日であったとしても、食事に1回1時間掛ければ、3回で約3時間。起きている時間の4分の1が食事時間ということになる。

食事の準備と片付けの時間まで入れると、下手すると娘の起きている時間の3分の1以上が
食事に関わる時間になってしまう。それをすごくもったいないと感じるのだ。

その時間を少しでも一緒に遊ぶ時間にあてた方が娘、リン双方のストレスにならないと思う。

ただし、これをリン親に説明しようとは思わない

そうやってリンを育ててくれたのはリン親だし、別にリン親が間違っているわけではないから。

と、1つだけをとっても考え方の相違はあるし、親と祖父母の立場の違いからくるものもあるだろう。

だから、今は車で約1時間の距離。

月2~3回の交流でちょうどいい。

それが、私の考えとも一致するし、将来娘が通うであろう学校は少なくともリンの母校の
6倍の選択肢があります。

実家のように最寄駅まで徒歩80分ということもありません。

心の距離感、物理的な距離感。何事もバランスが大事ではないか。

今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェア頂けたら嬉しいです。