ジョイントマットは燃えるゴミか燃えないゴミか。

ジョイントマットは燃えるゴミか燃えないゴミかアイキャッチ

今回はごみの分別の話。

モノが多いので、いろいろ捨てはじめたのですが、ゴミの分別って難しい。

リン家では以前ジョイントマット(プレイマット)を知り合いから貰った。

ほとんどは使用しているのですが、貰いものということもあって、大きさやジョイント部分の形状がまちまち。

数が多いものを使用し、使いづらいものは押し入れにしまい込んでいました。

このしまい込んでいるマット、考えてみれば、使い道がありません。

しかも貰いものなので、そんなに状態も良くない。

売ったところで二束三文でしょうし、ここは捨ててしまおうと決意。

スポンサードリンク

捨てると決めたはいいが

で、困った事態が発生。

ジョイントマットって何ゴミですか?

材質を調べてみると、EVA樹脂であることが判明。

ジョイントマットの他はビーチサンダルの底チューインガムのベースなどに使われるらしい。

EVA樹脂はエチレン・酢酸ビニル共重合樹脂である。

は?よくわからん。

ポリエチレンに分類されるとのこと。

ということはプラスティック・・・・・・なのか?

でもスポンジに例えているサイトもある。

スポンジはポリウレタン。

ウレタンはウレタン樹脂、ウレタンゴムと言う。

ゴム?

でも酢酸ビニルってことはビニール?

考えてもわからないので、自治体に問い合わせてみることにした。

結果は「燃えないゴミ

ほう。

調べた感じだと燃えるゴミが多かったんだけどな。

分かったのは、結局EVA樹脂はポリエチレンだから、プラスティックゴミが燃えるゴミか燃えないゴミかがきまるってこと。

リンの住むところでは、同じポリエチレンの仲間でも、リンスやシャンプーの容器は資源ゴミバケツはジョイントマットと一緒で燃えないゴミ

食品用ラップも、スーパーのは資源ゴミで家庭のは燃えないゴミ。

こういうのって市区町村で違うから、ゴミの分別って難しい。

聞いたほうが早いけど、種類が多かったらメモするだけで疲れそうだ。

自治体からのマニュアルも書いてないものも結構あるし。

迷ったら買わないに限る

ジョイントマットはそれほどでもないが、例えばペットボトル1つ捨てるのも結構面倒。

自治体によって燃えるゴミのところもありますが、リンの住んでいるところはキャップとラベルを取って捨てなければいけない。

ところによっては、キャップを開けたときにボトルに残る部分も取らなければならないとか。

さすがにそれはリンだったら、そこには住めませんね、引っ越します。

捨てることまで考えるんだったら、買うのも躊躇しちゃいますよね。

やはり、迷ったら買わないに限る

まとめ

  • EVA樹脂はポリエチレン
  • ポリエチレンはプラスティックなので、プラごみが燃えるゴミの自治体か燃えないゴミの自治体かでまずは判断しよう
  • それでも分からなければ、市区町村の担当部署へ聞いてみよう。

今回はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたのシェアが励みになります。記事が良かったと思う方は是非シェアお願いします。

ツイッターで更新情報や日常をつぶやいています。良かったら是非フォローお願いします!