先月買った加湿器をおすすめしてみる。


こんばんは。シンパパのリンです。

冬と言えば乾燥。そしてインフルエンザ。

低温、乾燥はウイルスが好む環境なので、どのご家庭でも、加湿器は1台はあるのではないでしょうか。

小さな子どもさんのいる家庭は特に気を付けていらっしゃると思います。

今日はリン家で先月購入した加湿器を紹介します。

これです。

象印 スチーム式加湿器/EE-RL35

リンは昨シーズン価格の安さとデザインに惹かれ、超音波式の加湿器を購入しました。

しかし、結果は失敗。

1シーズンで壊れてしまい電源を入れてもうんともすんとも言いません。

調べてみると、超音波の振動部分が壊れやすいということがわかりました。

量販店の店員さんにも話したところ、やはり振動部分の故障ではないかということでした。

調べたことや使用感を簡単に説明します。

スポンサードリンク

超音波式加湿器

水を超音波振動によって細かくして、それをファンで噴出させる方式。

デメリット
メンテナンス性が悪い=衛生面で不安。
掃除をしっかりとしないと、古くなった水や雑菌ごと噴出してしまいます。
冬場は水が5日で腐りはじめますので、こまめに掃除できる方以外はお勧めできません。

・ミネラルもまき散らす。
黒っぽい家具は白くなってしまいます。

・超音波の振動部分が壊れやすい。

・床がびちゃびちゃになる。畳がひどいことに。

・本体の周りが寒い。

メリット
・本体価格が安いこと。

・電気代が安い

・音が静か。
ランニングコストは申し分ないのですが、面倒くさがりなリンには、合いませんでした。
なにより、雑菌ごとまき散らすという文字を見たときに、娘に対してすごく申し訳ない
気持ちになりました。

そこで白羽の矢が立ったのが、スチーム式加湿器。
こちらの説明と使用感。

スチーム式加湿器

水を沸騰させて、蒸気を噴出させる方式。
言わば、電気ポットです。

デメリット
・本体価格が高め。
電気代が高い
・音がうるさい。

色んなサイトでうるさいとは書いてありましたが、リビングではさほど気にならないレベル。
確かに寝室では、目をつむると雨が降っているような音がしますが、つけたまま寝られないほどではありません。

娘もこの音で起きてしまうことはありませんでした。
※あくまでリン個人の使用感です。

蒸気が高温なので危険。
これはそうなのですが、高温にならない
超音波式にしても、電源コードがありますので危険には変わりありません。
結局高い場所に置くので、問題ないかと。やかんの方がよっぽど危険。

メリット
メンテナンスが楽
内部は1か月~2か月に1回クエン酸で洗浄すれば良いとのこと。

水滴を拭くのも、中は凹凸が少ないのですごい楽です。

蒸気が衛生的
水だけが蒸気になります。
ミネラルはポット内部に付着。
沸騰するので、雑菌も死滅します。
これだけで、娘に優しいのでリンは満足です。

・室温が上がる
沸騰させて噴出させるので、室温が少し上がります。
加湿器を使うのは、主に冬なのでこれはメリット。

まとめ

加湿能力は「超音波式」「スチーム式」どちらもも申し分ありませんし、操作性も加湿器くらいですと、どのタイプを選んでも、難しくて使えないということはないです。

ボタンも5つのみ。簡単です。
扇風機が操作できれば、使えます。

加湿器は他にも「気化式」や「ハイブリッド式」がありますが、リンは使ったことがなく、
使用感がわからないので、ここでは書きません。

とりあえず、「超音波式」と「スチーム式」の両方を使ってみて、リンがおすすめするのは、
・メンテナンス性
・衛生面

を考えると断然「スチーム式」です。

最初からこちらを買えば良かったと思うレベルです。

確かに電気代はかかりますが、

・衛生面
についてはケチるところではないので仕方ありません。

これから加湿器を買う方、またスチーム式を使ったことがない方には
ぜひ「スチーム式」を検討してみてください。

近年リンが買ったものの中で、トップレベルの満足度です。

本当におすすめします。

今回はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする