離婚後の体調の変化とストレス

離婚から8ヶ月、父子家庭となって6ヶ月。

この間に風邪をひくこと6回。

また、嘔吐すること3回。

おそらくストレスが原因の胸焼けと、体のいたるところに蕁麻疹などなど、多数の不調がリンを襲った。

スポンサードリンク

予想以上のストレス

離婚の1年くらい前から蕁麻疹には悩まされていが、大人になってからは高熱を伴う風邪は5年に1回くらいしか、かかることはなかった。

しかし離婚後に至っては、そのレベルの風邪に1ヶ月~1ヶ月半のペースでかかった。

娘も夏に入るまでは2週間に1回は高熱を出し、インフルエンザに3ヶ月で2回もかかる(2回ともB型)など、親子で熱の出し合いといった状況。

ストレスが高いと風邪を引きやすいそうだが、その原因は病気の間にたまっていく仕事。

現在の日本では人員の余力がある会社などない。

リンの会社も少人数で仕事を回しているので、休めばその分仕事はたまっていく。

娘が病気のときは会社を休むが、自分の病気のときは高熱をおして出勤した。

もちろん医者には行き、インフルエンザではないことを確認した上で、だ。

仕事をこなすためではあるが、親がそういう状態だと保育園のほうが娘の世話が手厚いからである。

さすがに娘が2回目のインフルエンザにかかったときは心が折れそうになったが、ほぼ気力で駆け抜けた半年だった。

育児、家事、仕事。

この中で一番のストレスはずばり仕事です。

育児や家事は娘の為だと思えば、ストレスはそれほどでもない。

子どもが苦手だったリンにとっては、一番の変化だ。

最悪はリン親に頼れるので、それも救いになりました。

問題は仕事。

ルーチンなどは同僚に頼めるからいい。

だが、職務権限上、自分しか担当のいない業務や専門的な知識を要する業務、また自宅に持ち帰れないデータを取り扱う業務など会社に行かないとこなせない業務についてはたまる一方だ。

これについては現在も解消しきれていない。まだしばらくはストレスと付き合いながら生活していくことになりそうだ。

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたのシェアが励みになります。記事が良かったと思う方は是非シェアお願いします。

ツイッターで更新情報や日常をつぶやいています。良かったら是非フォローお願いします!