すごく困ること


こんばんは。リンです。
国は女性活躍だとか、一億総活躍だとか言ってますけれども、
なんだか女性ばっかりに目が行ってませんか?
もちろん、女性が活躍するにはその環境をまず整えるのは
納得いきますし、要は税収が欲しいんでしょうから、
単純に労働力が増えれば色々都合が良いのでしょう。
で、男性の育児参加を促進すれば・・・・・とかに繋がるんでしょうけど、
何か忘れてません?

男性が子どものオムツを替えられる場所が少ない

あのですね、男性用トイレにオムツを替えられる場所が少ないんですよ。
外出時にこれがあるかどうかを調べるのが本当に困ります。
比較的新しい公共施設や建物には、多目的トイレとか男性用トイレに
そういった設備があるんですが、まだまだ少ないです。
女性用トイレには当たり前のようにマークがついているんですが・・・・・・
子どもの尿意は大人のようにコントロールしづらいわけですから、
当たり前のようにつけて欲しいと感じます。
父子家庭に限らず、男親がオムツを替えられるスペースが
なければ、俺がオムツを替えようっていう思考にはなりませんよね?
むしろ、今の設置割合を逆にするぐらいでないとダメなんじゃないでしょうか。
それくらいの気持ちでないとオムツ替えようとか、世の男性が
思わないのでは?と感じます。
確かに、オムツが必要な年数は生まれてから2~3年かもしれません。
駐車場まで戻って、狭い車内で替えればいいかもしれません。
実際リンは今年の夏、あっつい車内でオムツ替えました。しかも大の方。
どこで遊ぼうか調べるのではなくて、
どこでオムツを処理するかを調べる時間が一番長いなんて
寂しすぎます。
しかも、地方の観光地だったりすると、ネットに情報がない!
なんてこともあってすさまじく萎えます。
ですから、オムツ消臭袋は大量に持ってください。必須です。
そして、中古のベビーベッドを改造した簡単なものでいいですから、
男親がオムツ替えを出来るスペースを増やしてください。お願いします。
今回はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする