現時点で再婚はまったく考えられない理由


こんばんは。シンパパのリンです。

離婚後から今日まで、再婚はまったく考えていません。

それはなぜか。

現時点での気持ちなどをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

結婚生活について

離婚前の生活は独身時代に想像していたものよりも楽しかったし、ある時点までは充実していました。

でも離婚直前や離婚後に改めて思い起こしてみると、やはりリンは結婚には向かない人間なんだと感じました。

それは物事にのめりこみすぎてしまうところにあるのだと思います。

楽しかったり、充実してくるとどうしても周りが見えなくなってしまう。

いつも後から気づくのですが、気づいたときには遅い。

今まで付き合った女性との経験を踏まえても、この傾向で別れており、結婚はほとんど奇跡に近いような出来事でした。

それだけ元妻は、特殊な存在でした。

おそらく、今後の人生で結婚まで漕ぎつくような女性に出会うのは限りなくゼロに近いでしょう。

同じような状況になったとしても、結婚までは踏み込めないと思います。

そもそも、世間一般的な女性とは恋愛まで発展できないことはこれまでの経験が証明してしまっています。

今は娘をきちんと育てていくことに気持ちが向いています。

そこに、自分の恋愛を差し込める余地はありません。

今の生活にプラスするとすれば

父子家庭という状況を補う為にプラスするとすれば、次の3つです。

  • 掃除の頻度を上げる
  • 手作りの料理の頻度を上げる
  • リンのリフレッシュ(半日程度)が定期的に欲しい

これって、結婚しなくても実現できることなんです。

掃除も料理も早い話が、家政婦等のサービス等で良いし、リンのリフレッシュも保育園の一時預かりやファミサポ、そしてリン親にその間娘を見てもらうことで事足りてしまうんです。

そのリフレッシュにはパートナーは必要としていません。

デートなどしたら、それこそストレスになりかねません。

だったら娘とどこかに遊びに行ったほうが、ストレスが低いです。

上記3つは、祖父母に面倒を見てもらうこと以外はお金がかかります。

金額も決して安くはありません。

ファミサポも今の保育園の一時預かりと比べて、ほとんど金額が変わりません。

これを再婚相手に求めてしまう男性がおりますが、相手の女性にとても失礼です。

理想論とか省いても、それはもう夫婦とは言えません。

1つのことしかできない

リンは器用な人間では無いので、再婚ということになれば、娘へのケアが薄くなってしまうのは間違いありません。

逆も然りで、娘のことを考えれば、相手の女性へのケアは薄くなります。

再婚がすぐに破綻することは目に見えています。

そこでどちらを重視するかを天秤にかけたら、やはり娘なわけです。

リンの中にあるリソースの少しでも娘に向けてあげたい。

それが今の気持ちです。

だから、現時点で再婚はまったく考えられないのです。

今回はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
現時点で再婚はまったく考えられない理由
Single Papa Styleの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェア頂けたら嬉しいです。

リンのSNSのフォローはこちら。