年金分割と「さようなら」


こんばんは。シンパパのリンです。

先日、日本年金機構から年金分割の通知が来た。

年金分割については、離婚前に元妻から「年金分割する」旨の話をされたので、特に驚きはない。

むしろ、結婚時代1馬力で年間貯蓄100万円をコンスタントに貯められたのは、元妻の努力があったからこそ。

ですから、年金分割に関しては何の異論も挟みませんでした。

スポンサードリンク

年金分割とは

年金分割には2種類あります。

  • 合意分割
  • 3号分割

今回の通知は3号分割。

双方の合意が無くても婚姻期間中の3号被保険者期間における相手方(今回の場合はリン)の厚生年金記録を2分の1ずつ、当事者間で分割できる制度です。

補足しておくと、ここで言う厚生年金記録とは次の2つ。

  • 標準報酬月額
  • 標準賞与額

また、3号分割制度は平成20年4月1日以降の婚姻期間中に第3号被保険者であった期間の記録を分割となります。

第3号被保険者とは、第2号被保険者(会社員など)の20歳以上60歳未満の被扶養配偶者です。

つまり、扶養から外れて働いていた期間は対象外となることに注意。

この場合の扶養とは税法上の扶養(103万円未満)ではなく、年金上の扶養(130万円未満)のことを指します。

<元妻の場合>

・婚姻中、一度も扶養(年収が130万円を超えた年がない)から外れていない
・婚姻期間は平成20年4月1日以降

ですので、全期間が対象です。

3号分割の範囲

ちなみに3号分割の範囲は、厚生年金の報酬比例部分に限られ、国民年金の老齢基礎年金部分には影響がありません

年金は良く3階建てに例えられます。

簡単に言いますと、

1階:老齢基礎年金部分
2階:厚生年金部分
3階:各種企業年金部分(任意)

となっており、3号分割は2階部分について2分の1となるわけです。

ですから、分割金額は完全な2分の1ではないと言うことですね。

ちなみに被保険期間は半分にはなりません

あくまで2階部分の金額が2分の1となります。

全部の折半だと勘違いして、性急事を運ぶことの

状況は個人によって異なりますから、詳しくは、お近くの年金事務所に問い合わせるのが一番です。

驚いたのは別のこと

で、年金分割には驚かなかったのですが、驚いたのは、元妻の苗字が旧姓ではなかったこと。

「この年ならまだやり直せるから」
「20代のうちに一からやり直したい」

と言って出て行った元妻。

やり直すってのは結婚の意味だったのか。

しかも離婚して1年もたたないうちにとは。

と、ここで離婚前の腑に落ちなかった部分がつながった。

男の影。

なるほどなー

・いきなり態度が変わった。

・リフレッシュのために観光地に1日外出したとき、道に迷ってお土産がなかった。

・リフレッシュに行ったのに翌日機嫌が悪かった

・離婚までやたらと急いでいるように見えた

・親権・監護権を一切主張しなかった

・離婚成立後、インフルエンザにかかって1週間家を空けた

そういうことだったのか。それで全て説明がつく。

リンとしては
切り替え早いなー」ってのと
お腹を痛めて産んだ子供をこうも簡単に割り切れるのか」って気持ちが交錯する。

もちろん離婚は双方に原因があるわけで、リンにも問題がある。

それはわかっている。

最後に

でも、娘が大きくなったら見せようと思っていた元妻からの最後の置き手紙。

便箋6枚に渡って書いてあることをリンはこの通知で信じられなくなりました。

ママのことは自分の言葉で娘に説明します。

でも、悪く言ったりはしません。

「さようなら」

手紙はシュレッダーしました。

後悔はしていない。

何故なら、今のほうが幸せを感じているから

元妻へ。元気でやってください。さようなら。

今回はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
年金分割と「さようなら」
Single Papa Styleの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェア頂けたら嬉しいです。

リンのSNSのフォローはこちら。