子どもの安全を考えるなら、チャイルドシートだけでは足りない


こんばんは。ひねくれ親父のリンです。
田舎に住んでいるので、保育園の送迎や普段の脚は車に
頼らざるを得ません。
例えば約30キロ離れたリンの実家に遊びに行くケースを
グーグルマップでシミュレーションしてみました。
まず電車ルートは直接一発で算出できませんでした。
まず駅まで徒歩かバス。バスだと駅まで15分で180円。
駅について、そこから約30分で410円。
最寄り駅からリン実家まではリン一人で歩いたとしても徒歩75分。
2歳の娘を連れてそんなに歩くのはきついので、バスかタクシー。
バスは通って無いので、必然的にタクシーで片道15分で、1500円くらい。
徒歩の時間を0分として、駅について電車に乗るまでの時間を0分としても、
合計1時間。で金額は2090円。
(娘は2歳でバスと電車は無料なので、リン一人の運賃です。)
車だと片道40分でガソリン代はレギュラーが120円だとして約207円です。
往復で約80分約414円ですね。
田舎の電車ルート、恐るべし。
時間かかりすぎ、お金かかりすぎです。
月一で実家に行っても年間で片道12時間で約25,000円。
往復だと倍ですから24時間で約50,000円です。
しかも、リン実家の最寄のスーパーが徒歩40分くらい。
(ちなみに今住んでいるところは、スーパーまで徒歩2分。)

チャイルドシートについて

とまぁ、車なしでは通勤もできないので必然的に娘を車に乗せる
頻度はかなり高いわけです。
チャイルドシートは本当なら、運転席の後の後部座席が一番安全だと
言われてますので、最初はそこにつけていたのですが、
保育園の送迎で娘の乗降時に車道側になってしまうので、
今は助手席側の後部座席に取り付けています。
ちなみに新生児から7歳まで使えるロングユースのタイプです。
完璧を求めるのであれば、新生児用、幼児用、児童用と年齢と体格に
あわせて買い換えるのがベストですが、そんな資金はリン家にはありません。
さすがに中古は怖かったので新品を購入しました。
チャイルドシートの助成金が市から出たのですが、
1人に付き1回しか出ない上に、最高4,000円だったので、
そうそう買い換えられないと判断しました。
ロングユースタイプだと、乳児用よりもフラットにならないですが、
乳児期はさほど家から出ませんし、
どうしても外出しなければならない時でも、
しっかりと首元をタオルなどでケアしてあげれば、
よほど変な運転をしない限り大丈夫です。
それでも心配!って方は
予算の許す限り、都度買い換えてください。

運転の仕方も注意

子どもを乗せているときは、特に運転の仕方に注意が必要です。
例えば、ウインカー。
リンは早めに出すようにしています。
ブレーキを踏んでからウインカーを出す方がいますが、危険です。
基本に忠実にウインカーを出してから、
曲がる方向に寄せてブレーキ。
後からぶつけられたら、後部座席のほうが危険ですからね。
ウインカー⇒曲がるほうに寄せる⇒ブレーキ。
教習所で習いましたよね。
それから、たまに右左折時に1回逆にハンドルを切って曲がる方が
いますが、サーキットではないのでやめましょう。危険です。
そもそもほとんどの交差点は、乗用車ならきちんとスピードを落とせば、
鋭角の交差点でも左折なら左に、右折なら右に寄っても曲がれます。
峠道や、相当細い道でなければ、道路はコンテナや大型車じゃない限り
お尻に未練を残したまま進入しなくても曲がれるように作られています。
曲がれないのはスピードが落ちきっていないか、
ハンドルを切るのが早すぎるか遅すぎるのです。
もしくはハンドルを切った後、戻すのが早いか遅すぎるのです。
教習所で習いましたよね。
交差点をカウンター入れないと曲がれない人は、スピード出すのをやめましょう。
直角の交差点を左折するのにセンターラインをはみ出す人、狂気の沙汰です。
さらに直線でも車線またぎで走る人、危なすぎるぞ。
車両感覚無いのか?

ヘッドライトも早めに点灯を!

ヘッドライトって何のためについてると思いますか?
もちろん運転手の視界を確保する目的もありますが、
他の車や自転車、歩行者などに自車の存在を知らせる為でもあります。
ウインカーも同じですね。
自分が見えているからといって、ライトをつけないのは危険です。
目が悪いのに眼鏡をかけないで運転している人もいるんですよ。
それに歩行者最強だからって、周りもろくに見ないで道を横切る人も。
自分がいくら安全運転していても、交通事故というのは
貰い事故というのもありますから、早めにヘッドライトを
つけるのはそれを少しでも防ぐことができます。

ハンドルを握る位置

皆さんは車を運転するとき、ハンドル(ステアリング)はどう握っていますか?
10時10分ですか?
だとしたら、危険なのでやめましょう。
私が免許を取ったのは、かれこれ20年近く前のことですが、
既にその時代でも、教習所で8時20分で握るように教わりました。
何故だか分かりますか?
それは、今の車はエアバッグが標準装備となっています。
エアバッグの膨らむ威力は結構強いです。
10時10分で握っていると、もしエアバッグが作動したときに、
自分の腕や拳がエアバッグに弾かれて顔面に直撃する可能性があります。
それは命に関わる重症となった事例もあります。
また、ハンドルを高い位置で握っていると、顔を直撃しなくても
エアバッグが格納されている蓋が吹き飛び、指を切断したり、骨折したりするケースも
あるようです。
子どもを守るために、自分の安全も確保したいですね。
いかがでしたでしょうか。
技術の進歩によって、常識が変わっていきます。
その時代に合うように情報を更新しないとかえって危険になることも。
育児の常識も一緒ですね。
さて、今回はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする