親権・監護権について

子どもがいる夫婦が離婚する際に、親権・監護権をどちらにするか決めなければならないが、リンの場合は協議のみですんなりと決まった。

スポンサードリンク

離婚原因

そもそもの離婚原因は性格の不一致

元妻、リン双方ともに不貞やDV、ネグレクトなどはなかった。

2017/9/7追記:離婚後半年ほど経ち年金分割の書類が送られてきた際、元妻の苗字が旧姓でなかったことから、元妻の不貞はあったかもしれない。既に終わったことで今となってはどうでも良いことであるが。

結婚は、もともと他人同士が一緒に暮らすわけだから、どうしても許せないこともあるかと思う。

程度の差はあれど、すべてにおいて相性がばっちりってわけにはなかなかいかないもの。

リンの場合は、5年間での小さな我慢の積み重ねがお互いの距離を徐々に遠いものとし、元妻の方が先に気持ちが途切れてしまったというものだった。

関係修復は試みるも

一応話し合いの中で修復を試みるも、すでに時遅しのようだった。

色々と気を使っていたことが逆にコミュニケーション不足へとなってしまっていたのも反省。

ともあれ、元妻はこれからは一人で生きていきたいとのことで、子どもは引き取れないということを告げられた。

話し合いの中で、そのことはでていたものの、リンが娘を引き取って育てるという覚悟を決めるまでには丸一日を要した。

覚悟が決まると、そこからは早いものだった。

親権・・・リン
監護権・・・リン
財産分与・・・なし
養育費・・・元妻からは養育費なし
面会・・・子どもが希望すればいつでも
引越しまでの費用・・・すべてリンが持つ
生活費・・・最初の給与が発生するまでの間、リンが負担

などなどを決めた。

離婚後の監護権:親権の一部で原則的には親権者が行使するが、親権者が子どもを監護できない事情がある場合や、親権者でない片方が監護権者として適当である場合には、親権者と監護権者を別々にすることも認められている。

特に面会については元妻は希望しなかったものの、面会の権利は両親ともにあり、
断れるものではないので、子供が希望すればいつでもということとした。

結果として

話し合いの中で、両親が揃っていることが望ましいが、その両親の間に埋められない確執がある場合、形の上だけで修復し、仮面夫婦として子どもと接することが果たして子どもの幸せにつながるのかということを最後まで考え抜いた。

リンの場合、まだ娘が自分の意思を自分たちに伝えられる年齢(当時1歳6ヶ月)ではなかったわけですから尚更である。

それでも前にも書いたように、離婚は大人の事情。

娘にいずれママについて聞かれることがくるだろうし、話さなければならない時がくる。

その時、娘にうまく話せるかどうか不安だが、きちんと向き合って答えられるようにしたいと思っている。

それでは今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたのシェアが励みになります。記事が良かったと思う方は是非シェアお願いします。

ツイッターで更新情報や日常をつぶやいています。良かったら是非フォローお願いします!