イヤイヤ症候群


こんばんは。シンパパのリンです。
2歳の娘は絶賛イヤイヤ期。
保育園からの帰りの車内でイヤイヤ
帰宅後の手洗いうがいでイヤイヤ
食事中でも急にイヤイヤ
食べ終わったら今度は歯磨きをイヤイヤ
お風呂では髪の毛にお湯がかかるのを嫌がり、
お風呂から上がれば、濡れたまま素っ裸で逃亡・・・・・・
追い掛けると「なんなのー」と言いながら
走り回る姿は必見です
その言葉、どこで覚えてきたんだ・・・・・・

イヤイヤシンドローム

イヤイヤ期は正常な発達段階で、一般的には
第一反抗期」とも呼ばれています。
正常なのに、シンドローム(症候群)なんて、
病気みたいな呼び方するなと思うかもしれませんが、
これ、娘に対しての表現ではありません。
親(リン)に対しての表現です。
勝手に命名しました。
夜泣きと並んで、イヤイヤ期は世のママさん達にとって
相当のストレスがかかる時期だと思います。
毎日イヤイヤに接していると、ノイローゼになりそうな気持ち、
わかります。
そんな精神状態のときに、夜のパパさん達が
ふらっと帰ってきて、こどものご機嫌をいいとこ取りしていく。
夫婦喧嘩の種ですね。わかります。
ここで、完全に1人になれる時間を取れれば
多少落ち着けるのでしょうが、
あいにくリン家は父子家庭。
リンの精神を一時開放できる時間はありません。
では、どうやってイヤイヤ症候群を乗りきるか?

父子家庭という状況を逆手にとる

もうこれは発想の転換しかありません。
1人しかいない状況を逆手にとります。
というか、とらざるを得ませんでした。
娘のイヤイヤモードを全力で楽しみ、
ご機嫌いいとこどりを思いっきり享受
する。


これだけです。
イヤイヤ期は今しかない。
ならば、思いっきり独り占めしてやろうじゃないか。
・・・・・・そういう境地に立ってみました。
それでもイライラする時はあります。
でも負のエネルギーは娘に向かわせたくない。
独身時代のイライラの開放はもっぱら
バッティングセンターと1人カラオケでした。
今は、このブログと読書です。
動で崩すのではなく、静で崩す。
イヤイヤ症候群に負けてたまるか。
今回はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする