娘の遊び方に変化が

こんばんは。シンパパのリンです。

お正月休みで、いつもよりじっくりと娘と向き合う時間が取れました。

一見、同じ遊びをしているように見えても、少し前とはちょっと違う遊び方をしていることに
気がつきました。

スポンサードリンク

積み木の遊び方


娘の積み木での遊び方は、少し前までは2、3段積んで崩れてしまうと、「わー」と両手で崩れた積み木をわちゃわちゃと更に崩すだけでした。

それが、崩れても「こわわちゃた(壊れちゃった)」とにっこり笑いながら、また積み始めるのです。

おや、と思って見ていると・・・・・・

下の段の積み木を増やしたりして、いろいろ工夫しながら積んでいます。

そのおかげか、より高く積める様になっていきます。

リンが見て「崩れるかなー」と思うような難しいバランスで組んでいる積み木の上に、ひょいひょいと次の積み木をのせていく娘。

崩れるのを恐れず、がんがん積んでいきます。

崩れても、受入れられるようになってきたんですね。

リンも逆に見習わなければ(笑)

ぬいぐるみでの遊び方


ぬいぐるみで遊ぶとき、ただぎゅーっと抱っこするだけだった娘。

抱き方も、適当なものでした。

逆さだったり、ヘッドロック状態だったり。

それが昨年12月頃から、変化が現れました。

リズムを取りながら、横抱っこするようになりました。

寝室では、ぬいぐるみに布団をかけてまるで寝かしつけのようにぽんぽんと某西洋ねずみのぬいぐるみのお腹の辺りを叩いています。

そう、いつもリンが娘にやっている様に。

お絵かきの遊び方


お絵かきはまだ、絵にはなっていませんが直線だらけだったものがだいぶ曲線や円の組み合わせになってきました。

使う色も1色か2色だったものがいろんな色を使うようになってきました。

それからリンに対して、同じ紙面に絵を書くよう促してくるようになりました。

動物や、お花はもちろん某アンパンヒーローや某西洋ねずみ、ロボットネコや子ども番組のキャラクターなどなど。

リンに描かせて「すごいー」と手を叩いて褒めてくれたり、リクエストに無い絵を描いた後に指差ししながら、キャラクターの名前を言ったりと、自分で描くだけでない遊び方をするようになりました。

お片づけ

毎回ではありませんが、次の遊びに移行するときのこと。

お片づけねー」とリンが言うと何度かに1回は「はぁーい」と片付けてくれるようになりました。

地獄絵図を演出していた頃とはエライ違いです。

育児は戦場 その1 地獄絵図
こんばんは。リンです。 育児は戦場です。 こと子どもが小さい時は、まさしくそうだと実感しています。 情報戦 専業主婦やシ...

普段は片付けないくせに片付けをしているときはやり方にこだわりがあるらしく、リンが少し手伝おうとすると、

ダメ!」と言って怒った表情を見せてくれます。

やっつけ感満載で手伝うなということでしょうか(笑)

とにかく、「自主性をもって片付けるのはいいことだ」と娘を微笑ましく見守ります。

イヤイヤ期は完全に脱していないものの、リンにイヤイヤ症候群を出させない程に成長している娘。

なんだか嬉しくなって、ごろりと横になっていたら

ぱかぱか

いつの間にかお片づけを終えた娘にお馬さんごっこをせがまれました。

和室はいいけど、フローリングは膝が痛いです。

今回はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
娘の遊び方に変化が
この記事をお届けした
Single Papa Styleの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする