ズボンがなかなか乾かない!そんな時はズボンハンガー!

育児と暮らしのブログのはずが育児よりも暮らしの記事のアクセスが圧倒的になってきた。

育児の経験値よりも暮らしの経験値の方がまだ高いから当然か。

記事も暮らしネタの方が断然書きあがりが早いし。

育児は手探り状態でリサーチしながらだと、記事を上げる量も速度も落ち気味……。

と、前置きはこんなところにしておいて、今回はズボンのお話。

スポンサードリンク

ズボンの乾きにくさったら

雨やら梅雨やら父子家庭で昼に家に誰もいないやらで大量の洗濯物を室内に干す場合に厄介なのがズボンの乾きにくさ

他の洗濯物が乾いているのに、ズボンだけはまだ乾いてなかったりする。

折角洗濯物をたたもうとしたのに、「どうも。まだ濡れてますよ!」と主張する湿ったズボンにゲンナリ

何かズボンってここまでいっぱい書くとゲシュタルト崩壊してくるな。

ズボンハンガーとの出会い

ズボンハンガーを見つけたのは100円(税抜)ショップ。

早く乾く。ズボンハンガー

(素通りしようとする)

早く乾く。ズボンハンガー←二度見

本当かよ。買ってみようかな。108円(税込)だし。

購入。

ズボンハンガーを使ってみた感想

使ってみた感想。

確かに乾くの早いわ。

どれくらいかというと、ハンガーにかけた長袖Tシャツが乾く頃には綿のズボンは同時に乾いているというくらい。ジーンズはさすがに同時というわけにはいかなかった。

分かりづらいか。段取り悪くて時間を計っていなかったのを激しく後悔。

だが、乾きにくいズボンが早く乾くことで洗濯を始めるところから畳んでタンス行きまでの1セットが短く圧縮できるのは非常に助かる

乾きやすさ以外のメリット

干すときに立体になるので、ズボンがしわになりにくい

よってたたんでからタンスまで運ぶ工程が楽。

リンはこれが乾きやすさを上回る一番のメリットだと思っている。

浴室乾燥機と併用すると乾くのもすごく早いが、しわが伸びてすばらしい

スチームプレス要らず。

デメリット

デメリットをあげるとするなら、干すスペースを取るということ。

ズボンが2本干せるところに1本しか干せない。

一戸建てだからあまり気にならんけど。

最後に

ズボンハンガー。個人的にすごく良い。

今のところ3本購入して使用しているが、娘が大きくなったら追加購入することは必至。

まだまだ娘の服は小さいので、早く乾くのだ。

洗濯物に限らず、家事は1つのスパンを短くしていかないと面倒になりがち

例えば炊事だと、材料を下ごしらえするところから洗った食器が乾いて食器棚に入れるところまでが1スパン

食べ終わった後の工程を考えると、ついつい食べる前の工程も手を抜いてしまうんだよなぁ。

1スパンの時短の積み重ねが、娘と遊ぶ時間やブログを更新する時間を創出することにつながっていく

なかなかのお役立ちアイテム、ズボンハンガー。

是非お試しあれ。

今回はここまで。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェア頂けたら嬉しいです。