生命線確保

こんにちは。シンパパのリンです。

先日、会社からボーナス支給のお知らせがありました。

なんとか今回も生命線、確保です。

スポンサードリンク

年間貯蓄額の目標

とりあえず年間の目標貯蓄額に届きそうです。

目標額というのは、年間手取りの25%の額。

貯蓄額25%の理由としては、以下4つです。

  • 家や車など大きい買物をするときの頭金として。
  • 突発的な支出(病気、冠婚葬祭など)の備え。
  • 老後資金の一部として。
  • 子ども関係の支出の備え。

人生何があるか分かりません。

20代の頃の話

20代の頃のリンは、一生結婚しないし、性格的にできないだろうと思っていました。

ですから、お金を50万円まで貯めては使い、50万円貯めては使っていました。

パソコンや趣味にパーッと使っていたものです。

それが変わったのは、前職を辞めようと思ってからです。

当時リンの年収は325万円

手取りだと約240万円くらい。

とにかく、まとまったお金を作って今の仕事からステップアップしたい。

そこから貯蓄する習慣がはじまりました。行動に移してから1年で100万円が貯まっていました。

これは手取りの約42%を貯金したことになります。

この当時の生活は、まとまった休憩が取れなかったので、勤務中は食事を取らない(水分のみ)。

食事は夜だけの1日1食

もちろん栄養バランスなど無視。

休みは連休が取れなかったので、遠出はしなかったものの外出していました。

それを1日寝ているか、部屋の中で過ごす(ゲームか読書)に変えました。

20代、独身、1人暮らしだったからこそできた生活です。

今思うと「バカだなー」とも思いますし、人にお勧めもできません。

相当体と心に負担をかけたと思います。

アラフォーの今これをやれといわれたら、全力で拒否しますよ(笑)

お金は意識しないと貯まらない

でも、裕福ではないにしても穏やかに過ごせているのは当時、なんとか変えてやろうと思い立ったからなのでした。

42%は無茶苦茶ですが、25%であれば、さほどきついという事もありません。

が、使いきれないほどの不労所得がない限り、意識しないとできません。

心がけていることは1つだけ。

迷ったら買わない。

でも、ケチケチするということではありません。

お金をためている理由は上記①~④なのですから、必要なものにはお金を惜しまない

これで、家の頭金も充分な額を用意できましたし、車も現金一括で購入しました。

もちろん身の丈にあった限度はありますけど。

モチベーションは自分で上げるもの

そして、ボーナスが確保されたときのご褒美。

前にも書きましたが、ボーナスの手取額10%は何に使っても良いというルール

離婚したので、20%までは何に使っても家計に影響しませんが、今回は10%にしておきます(笑)

娘にはまだ10%は高額なので、別の形で考えてます。

※専業主婦であった元妻にも10%ルールは適用していました。
日々何事もなく働けたのは、リンだけの功績ではないからです。

ボーナス10%ルールは、個人的にすごくモチベーションが上がります。

モチベーションは誰かにあげてもらうものではなく、自分で上げるものだとリンは思います。

共働きであれば、もっといろいろな楽しみ方ができるでしょうし、リンなんかよりももっと稼いでいる方は10%でも相当な額になりそうですね。

皆さんも独自ルールを作ったりして、楽しみながら貯蓄してみてはいかがでしょうか。

おまけ

最後に、ブログランキングやブログ村のバナーを押して応援してくださっている方が
いらっしゃるようで、この場を借りて御礼申し上げます。

とても励みになっています。

今回はここまでです。最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
生命線確保
Single Papa Styleの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェア頂けたら嬉しいです。

リンのSNSのフォローはこちら。