【育児は戦場その2】ベランダに閉じ込められた!


後方警戒を怠るとどうなってしまうかは、【育児は戦場その1】地獄絵図でも書いた。

育児は戦場だ。こと子どもが小さい時は、まさしくそうだと実感している。専業主婦やシングルのパパママさんが、子どもと一対...

今回はその2ということで、またまた失敗談を紹介する。

スポンサードリンク

ベランダに閉じ込められた

リンが2階のベランダで洗濯物を干していた時のこと。

娘はベランダにつながる部屋におり、ベランダと部屋をつなぐ窓は網戸にしてあった。

たまに後ろを振り返ると、娘が手を振って笑っている。

全部干し終わって、さぁベランダから部屋に戻ろうと窓に手をかけてみると……開かない。

え?

ちょこちょこ振り返って窓が開いてるの確認したのに……

しかも鍵が閉まる音もしなかったぞ……

だが事実、窓は閉まっている。

そしてニコニコしている娘の顔が、ガラス窓の向こうに見える。

やられた。

ベランダに閉じ込められた。

ベランダ脱出作戦

作戦1 鍵を開けるように頼む

娘はまだ上手く喋ることはできないが、大人の言うことはなんとなく理解しているはず。

そこでガラス窓越しに鍵(クレセント錠)を指さしながら、「ここ開けてー」と話しかけてみた。

この段階ではご近所さんに知られたくなかったので、小声で。

作戦2 窓ごと外せないか試す

何度か話しかけたが、娘の位置からだと鍵が障子の枠に隠れてしまっているためか、上手く伝わらなかった。

不思議そうな顔をしながら、窓ガラスをぺたぺた叩き返してくるだけ。

そこで作戦1と並行して、窓枠ごと外せないかと力技に出ることにした。

網戸は意外にも、すぐに外れた。

が、窓は……外れない

仮に外れるようなことがあれば防犯上良くないし、通常はロックが掛かった状態になっているので外れない様になっている。

通常ではない場合とは、玄関から入らないような大きな家具を窓から入れたりした後に、ロックを戻し忘れたなどの場合だ。

網戸が外れたのは、以前網戸を張り替えた時にロックを戻し忘れたのだろう。

なればと、もう1回娘へ窓越しに呼びかけてみたが、やはりダメだった。

それどころか、自分(娘)がリンに意地悪されていると思ったらしく、なんでこっちに来ないのかと言わんばかりに泣き出してしまった。

少し焦りながらも、網戸を戻す。

ともかく、エアコンの室外機に腰をおろし次の策を考える。

作戦3 誰かに玄関を開けてもらう

その日は予報では雨の心配は無かったのだが、暖かい日だった。

夏ではなかったので暑くはありませんが、汗が滲むくらいと考えていただきたい。

私の体調はともかく、長期戦になると娘の体調が心配である。

ベランダから近所の人などに呼びかけ玄関の鍵を渡すことができれば、助かるのではないかとズボンのポケットをまさぐる。

結論を言うと、鍵はなかった。

ベランダに洗濯物を干すのに、鍵はあまり持っていかないよね……。

だが代わりに違うものが入っていた。

携帯電話である。

残念なことに、ご近所さんの電話番号を保存していなかったので、合鍵をもっているリン親に連絡を取った。

運良く実家にいてくれたので電話はつながり、来てくれることになったのはいいのだが、話している間に気づいてしまった。

玄関にチェーンロックをかけっぱなしであることを。

これでは、駆けつけてくれてもチェーンロックのせいで中に入れない。

娘は相変わらず大泣きしている。

電話を切った後も娘に呼びかけてみるもダメだった。

そうこうしている内に最悪の事態が起きる。

娘が畳に突っ伏して動かなくなったのだ。

しゃがみこんで覗き込んでみると、泣き疲れたのか寝ようとしている。

そしてもう、リンの呼びかけに反応してくれなくなってしまったのだ。

作戦4 最終手段と唯一の希望

娘が眠りに入った段階で閉じ込められてから30分以上が経過。

洗濯物を拳に巻いて、窓を割ろうか?

いやいやそんなことをしたら、娘にガラスの破片がかかってしまう。

ベランダから飛び降りて1階の窓を割って入ろうか?

下を覗き込んでみると隙間は狭く、おまけに木も生えています。

下手をすれば飛び降りた後に動けなくなる可能性が。

とここで、またまた重要なことを思い出した。

洗濯物を干す前に2階のトイレの窓を開けたんだったわ。

トイレの窓は普通の窓より小さいですが、ここに活路が見出された。

2階から突入できそうな人がいるところで、電話番号を知っているところはリンは1つしか知らなかった。

携帯電話の電池残量を確認して、人生で初めてこの3桁の数字を押した。

119(番)

すぐに消防へつながり、名前と住所そして現在の状況を伝えるとすぐにはしご車を手配してくれた。

10分も経たないうちに、サイレンは聞こえてきた。

そして、その音は確実に我が家へ近づいてくる。

「助かった……」

エアコンの室外機の上にへたり込んで、横目で娘の様子を伺う。

娘は安らかな顔ですやすやと寝ていた。

救援(はしご車)到着

はしご車が到着するのとほぼ同時に、リン親も我が家に到着。

そして、サイレンを聞いてご近所さんも集まってきてしまった。

かなり恥ずかしい……。

到着した隊員の方に状況と開いている窓の場所を伝える。

その結果、リン親の合鍵があるので鍵を開けた後、チェーンが外れないか試すことに。

結果は外れなかった。

最悪鍵を壊してよいか聞かれたので、良いですと返答した。

この際、ぜいたく言っていられないからな。

そうこうしている内に、2階のトイレの窓が開いているのが確認できたので、チェーンを切る前にはしごをかけて突入できるか試すと、リンに伝えられた。

突入そして脱出

しばらく静かな時間が続いた後、窓の向こうから消防隊の方とリン親の顔が!

そして……窓の鍵が開けられる。

時計を見ると、実に閉じ込められてから1時間が経っていた。

リンはすぐに娘に歩み寄り、抱きかかえる。

そして、消防隊の方が脱水症状がないかということと娘の検温をおこなってくれた。

結果は平熱で、脱水症状も起きていないとのこと。

ここで初めて本当に安心した。

その後、娘をリン親に見ていてもらい、救急車を拒否する書面にサインをしたり、突入した窓の傷などの確認をしたり、突入に使用した器具(三段はしご)の説明を受けたりした。

もちろん、ご近所さんにもお騒がせしましたと挨拶も。

消防隊の方々にも重ね重ねお礼を言って、このベランダ閉じ込め事件は幕を閉じた。

今後の対策

リンの場合は、以下の2点により助かった。

・事前にトイレの窓を開けていたこと
・携帯電話をもっていたこと

だが、そもそも閉じ込められないようにしなければ根本的な解決にはならない。

そこで現在やっている対策としては、鍵を閉められないようにすること。

窓に使われているクレセント錠は窓が完全に閉まらないと鍵がかからないため、突っ張り棒を使って、窓が閉まらないようにしている。

娘が右手に持っているような突っ張り棒を窓枠にかませる。

標準的な窓1枚の横幅が約100cmなので、70cm~110cmのサイズだとぴったりだ。

そして1本だと不安なので2本使用。

他にもサッシストッパーといった商品があるようだ。

後は朝起きたらチェーンロックを外しておくことや、トイレの窓だけでなく2階のほかの部屋の窓も開けて洗濯物を干すようにした。

これにより、万が一また閉じ込められた場合に合鍵で入ることができる。

それを忘れても、普通の部屋の窓であればトイレの窓より大きいため突入が楽だからだ。

でも、また閉じ込められるのはもう嫌だな……

リンの場合は笑い話で済んだが、真夏や真冬など気温が厳しい時期に起きていたらと思うとぞっとする。

皆さんもお気を付けを。

今回はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

あなたのシェアが励みになります。記事が良かったと思う方は是非シェアお願いします。

ツイッターで更新情報や日常をつぶやいています。良かったら是非フォローお願いします!