添い寝ラッシュ


こんばんは。シンパパのリンです。
リンの住んでいる所は雪が降ってとても寒いです。
といっても、暑いよりはマシだったりします。
23日の勤労感謝の日は保育園が休みだったので、
22日、23日と娘と一緒に実家へ泊まってきました。
リンは仕事でしたけどね。
実家ではリン親が娘の面倒を見てくれるおかげで、
朝の準備がいつもなら1時間半でもバタバタなのに
ゆったりと準備をしても30分であまってしまいました
離婚前は1ヶ月に1~2回程度しか会わなかった
娘とリン親ですが、
離婚後は週1くらいで顔を合わせているので
だいぶなついてきました。
リン実家へは、祝日で保育園が休みのたびに
行っているので、実家の環境にもそこそこ慣れてきた様子。
それでも実家に行くと、普段は1人で寝ている娘が、
リンが添い寝しないと寝てくれません
環境が変わると、寂しいのでしょうか。
それとも、昼間に同年代のお友達と遊べないからでしょうか。
今月は3日と23日と週の半ばの祝日が2回あったので、
その前日から2泊ずつ、計4泊実家へ行きました。
というわけで、11月は添い寝ラッシュ
いっぱいあったわけですね。
添い寝をすると、娘が目を瞑った顔に癒されて、
娘が寝るのを確認する前にリンが寝てしまいます。
そして夜9時から夜12時~時には朝までたっぷり寝てしまいます。
おかげで一昨日は更新が日をまたぎ、
昨日は今朝まで爆睡して、更新ができないという始末。
せっかくノートパソコンまで持ち込んだのに残念。
でも、娘と一緒に寝られたので良しとします。
以前、保育園にいる以外はずっとスキンシップを
取っているので、普段添い寝まではしていないと書きました。
それは今も変わっていません。
その時の記事には書いておりませんが、リンは
決して添い寝をしないほうが良いと思っているわけではないです。
発狂しない為に、1日30分くらい自分の時間は欲しいですが、
できれば添い寝してあげたい気持ちはあります。
少し前に、娘が1人で寝たがらない日が
何日か続いたことがあります。
リンの寝室で一緒で無いと寝なかったのです。
その時にタイムスケジュールを少し変えて、次のようにしてみました。
基本:寝かしつけ(添い寝なし)⇒リン食事⇒洗い物⇒仕事orフリータイム⇒リン睡眠
変更:寝かしつけ(添い寝)⇒リン食事⇒洗い物⇒仕事orフリータイム⇒リン睡眠

ところが、これはうまくいきませんでした。
娘はご満悦ですぐに寝てくれるのですが、
リンも熟睡してしまったのです。
実際:寝かしつけ(添い寝)⇒洗い物⇒朝
そうなんです。リンは短時間の睡眠ができなかったのです。
3回に1回はリンがベッドから降りても、娘を起こさないことに成功。
が、残り2回は娘が熟睡モードになる前に、リンが熟睡。
この時は晩飯なし、持ち帰った仕事もできず、大変な事に。
起きる時間が、夜12時、深夜2時、4時と安定せず、
不規則な生活となってしまいました。
結局、今は変更前の基本スケジュールに戻しています。
また折りを見て、違う形を試してみようかな。
と、言うわけで今日からまたいつもの日常に戻り
娘は1人で寝ています。
次の添い寝ラッシュは年末年始かな。
今回はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
添い寝ラッシュ
この記事をお届けした
Single Papa Styleの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする